日本語 | English

Posts(4)

  1. 7
    小林さんの動揺を隠しきれない表現がいい。
    帰って来たとき嬉しさが凄まじい。泣けた。
    最後はやっぱ小林さんが好きになるアニメ。
  2. 部屋が完全に嫁子供が去った後。ずっとヒロインだった小林さんが最後にヒーローに。面白かった。
  3. トールが父親に逆らって、最後まで自分の意志を曲げず自己主張したのにはいささか驚いた。というか、トールがそこまでする、その辺の心理描写が余り描かれていなくて少し残念だった。それ以外は特に気になるところはなく、とてもよい作品だった。

    しかし、小林さんも命知らずだなあ。かっこよすぎる。
    私にとってこの作品は小林さん目当てで観ているようなところも若干あったかもしれないなと今更ながら思う。とにかく一番魅力的なキャラだった。声も合ってたし。小林さんとお友達か、それがダメなら同僚になりたいだけの人生だった。